シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふれあい水族館 二見シーパラダイスに行ってみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19
futami-seaparadise-15

アシカショー

futami-seaparadise-02

1日に2回(①11:40 ②14:30)の「アシカショー」ユーモア溢れるアシカたちを間近で見れます。
私が行ったときは「アシカの妖怪ウォッチクイズ」がありましたよ。

子ども達は大興奮の定番イベント。johnny-c

セイウチお散歩タイム

futami-seaparadise-14

1日に3回(①11:00 ②13:15 ③15:10)の「セイウチお散歩タイム」ん?お散歩タイム?いやいや、お散歩なんてレベルではありません!!目の前を体重500kgのセイウチさんが2頭、ユサユサと揺らしながら迫ってきます。迫力満点!!このイベントは必見です。

futami-seaparadise-04

お散歩タイムの最後に、セイウチとの記念写真タイムがありました。
セイウチと写真を撮る機会なんて.. レアですよ!

私は巨大セイウチに足を蹴られました(笑)johnny-c

ふれあいスケジュール

夫婦トドタイム 10:00
12:10
アザラシタッチ 10:30
14:00
セイウチお散歩タイム 11:00
13:15
15:10
アシカショー 11:40
14:30
見たいイベントを事前にチェック
しておくと当日スムーズだよ。
johnny-c

おすすめ記念写真スポット

futami-seaparadise-01

トロピカル広場の滝の前にある「丸子ちゃん像」素敵です。なんだかわからないけどパワーを感じる(笑)

丸子と名付けられた海獣はこの園で24年3ヶ月を生き抜き、平成25年4月に亡くなりました。飼育記録世界一を樹立したミナミゾウアザラシは「あっかんべー」を最初に始めた海獣としても有名で、最も愛されたアザラシでした。その愛くるしい仕草はたくさんの人の記憶に残り、お客さんとの「距離感ゼロ」を最初に実現させたのは丸子だったのです。

丸子ちゃんパワー全開!johnny-c

毎年12月(期間限定)は伊勢市民開放宣言!

今年は、12月1日~23日(休館日12月17・18日)まで、伊勢市民は無料で二見シーパラダイスが開放されました。
この企画は、二見の伊勢市合併を記念して始まったらしい。毎年大好評のようですよ!!

伊勢市民は何度行っても無料なんです!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/nsnyfamily/34500258.html

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/nsnyfamily/34500258.html

上記写真のようなチラシを持っていけば、伊勢市民は無料で入場ができます。
しかも、期間中であれば何度でも利用ができるようそうです。

このチラシは毎年11月末ごろの
新聞広告に入っているらしいよ。
johnny-c

施設情報

営業時間 9:00~17:00※季節により営業時間変更あり
料金 大人 1,400円、小人 600円、幼児(3才以上) 300円
<障害者用料金>
ご本人と添付者の方、一般料金から半額
アクセス JR伊勢市駅・近鉄宇治山田駅から鳥羽または夫婦岩東口行きバス25分夫婦岩東口下車すぐ
JR二見浦駅下車徒歩20分
伊勢二見鳥羽ライン二見インターから5分
駐車場 あり
【土日・祝日・繁忙期】有料「2時間600円、以降30分100円増し
お問い合わせ 二見シーパラダイス
〒519-0602
伊勢市二見町江580
TEL:0596-42-1760
FAX:0596-42-2202
E-mail:plaza@futami-seaparadise.com
URL:http://www.futami-seaparadise.com

まとめ(感想)

古き良き触れ合いの水族館。巨大セイウチに足を蹴られたり、プールにいるイルカが突然ボールを投げてきたり、カワウソと握手できたり。とにかく海獣たちとの距離がゼロ!!こんなに刺激的な水族館は中々ないはず。
是非、この機会に〝ふれあい水族館〟二見シーパラダイスで海獣たちと触れ合ってみてはいかがですか?

小さいお子さんがいる
ファミリーにオススメです。
johnny-c

johnny-tubuyaki

この記事で紹介していないイベントや見どころも沢山あるので詳しくは、【二見シーパラダイスHP】をチェックしてね!
ふれあい水族館 二見シーパラダイスに行ってみた。
この記事をお届けした
クリエイターチェックの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク